うぃずーむ

うつ病、難病を乗り越えた僕の「これまで」と「これから」

【スポンサーリンク】

【高校中退】僕が中卒になった理由

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:unamushi:20190205004644j:plain

こんにちは!うなむ(@unamu_19)です!

 

あなたの最終学歴は何ですか?

大卒?高卒?専門卒?

 

「学歴」は日本人がとても気にするところだと思います。

 

このご時世、「就活には学歴なんて関係ない」なんて話を聞いたことがあります。

 

そうは言っても、大企業はいまだ「学歴重視」

一次選考(書類審査)の際、出身大学を見て切り捨てることも多いとか。

 

今日は、僕の学歴の話と、僕の学歴に対する考えを話したいと思います!

 

 

うなむの最終学歴は?

 

僕の最終学歴は「中卒」です。

はい、世間一般で言う「低学歴」の部類です。

 

高校を中退し、高卒認定試験を受験しています。

 

僕は高校3年生の夏、卒業まで残り8か月の時点で高校を中退しました!

 

どんな高校生活を送っていたの?

 

「学校嫌い」になったきっかけが高校でした。

なので、通っていた高校は大嫌い!

 

人間関係は、友人も恋人もいて「それなりに楽しい生活」を送っていたかもしれません。

 

ですが、正直こんなの僕にはどうでもよかった。

 

高校生活で僕が最も重視したかったのは、「大学受験

 

楽しい高校生活なんて送れなくても、「早慶以上」に行きさえすれば何でもよかった!

 

なんで残り8か月で卒業なのに中退したの?

 

卒業を待たずに中退した理由は、いたって簡単。

高校に行く意味がなくなったから

 

学校に行く理由は人それぞれあると思います。

僕が高校に通っていた理由は、「大学進学をするため」

 

経緯を詳しく話すと長くなるので、簡単に!

 

僕が高校を中退するに至った経緯

 

僕が入学したのが運動で有名な学校の「特進コース」

「特進」とは名ばかりに、勉強のレベルは低かった(笑)

 

高校中退のきっかけは「文転」

 

大学で特にやりたいことが思い浮かばなかった僕は、数学が好きだったこともあり「理系コース」に進学します。

 

しかし、高校2年生の途中で文転することになります。

 

そんな僕の進路に関して、教師らがまったく応援してくれませんでした。

 

これだけでは語弊がありそうなので、もう少し詳しく!

 

 

高校の「お堅いシステム」と学校教師の「差別」

 

高校が「文転(理系から文系に転向)」に全く協力的ではなかった。

 

基本的にクラス移動ができないシステムだったので、最初は仕方ないとは思いました。

 

しかし、明らかに「クラス間で差別」がある。

 

文転に伴って「必要なくなった教科の学習を最低限に抑えてくれるクラス」がある中で、僕は「全ての教科を周りと同じ分量こなす」ことに。

 

クラス間で差別があるなんてバカらしい!

 

反吐が出るほど学校、教師を嫌いになりました。

(もちろん今でも大嫌いですよ、あの時の先生方!)

 

僕の受験に必要な科目は、

「英語」「数学(文系範囲のみ)」「国語」の3教科でした。

 

しかし、必要のない科目は、

「数学(理系範囲)」「物理」「化学」「地理」「その他教科」

 

当時は成績も芳しくなく、受験に不要な教科をやっている暇はありませんでした。

 

必要教科のレベルも低すぎて、お話にならなかった(笑)

 

中退しなくても、学校を休めばよかったんじゃないの?

 

僕も最初は、「中退せず、卒業まで欠席しまくろう」と考えていました。

 

しかし、ここで問題なのが「出席日数」でした。

 

僕の学校では、「欠席が1/3以上になったら卒業(進級)できないシステム」でした。

 

そしてもう1つ問題なのが「高卒認定試験の日程」でした。

 

大学受験を生くさせるためには、僕には「高校を中退する」しか道はありませんでした。

 

なんでそこまで大学進学にこだわってたの?

 

僕がなぜそこまで「大学進学」にこだわっていたのか?

 

そのきっかけは以下の2つ!

  1. プライドの問題
  2. 家庭環境の問題

 

プライドの問題

 

僕は「幼稚園~高校」まで国立の附属校に通っていました。

 

周りの勉強に対する意識は高く、「大学進学が当たり前」の環境下でずっと生活していました。

 

ちなみに僕は、エスカレーター式で上がったおバカです(笑)

 

「学力レベルは高くないのに、プライドだけが高い」めんどくさいタイプの人間でした。

 

そんな中で高校受験に失敗したことが、

大学受験に大きな期待する原因になりました。

 

今思えば、クッソしょうもないプライド(笑)

 

家庭環境の問題

 

僕は「尊敬する人は誰?」という質問には、いつも家族の名前をあげています。

 

昔から自分に誇れるものがなかった僕は、そんな家族にずっと認められたかった!

 

そんな時に父から言われた「早慶以上」という基準。

 

まだ大学のレベルも全くわからない時に言われたこの言葉にずっと縛られていました。

 

当時の僕は、とにかく自分に自信がなかったのね(笑)

 

そこまで大学進学にこだわっていたのに、なんで中卒なの?

 

これは当然の疑問だと思います。

 

高校を中退してから、その年に大検に合格し大学受験をしました!

 

そして挑んだ大学受験に失敗。 

 

 

はい、浪人しま~す!

 

上京し、1人暮らしをしながらの浪人生活がスタート! 

 

浪人後の受験結果は?

 

この1年は、僕の人生で最も辛いものでした。

www.unamushi.com

 

浪人後の受験結果は、「滑り止めのみ合格

 

迷い抜いた末、進学を決意。

でもこのタイミングで、「ドクターストップ」

 

ふざけんじゃねー!

本当に、この一言に尽きますね。

 

ドクターストップの後、帰省して今の療養生活が始まりました!

 

ドクターストップの原因はこちらから!

www.unamushi.com

 

こんな具合で、僕は今も「中卒」をやってるわけです!

 

 

最後に

 

こういった経緯で、僕は中卒になりました。

 

「高校中退」「浪人」「ドクターストップで進学を断念」と少しだけ面白い経緯かな(笑)

 

苦労もたくさんありましたが、その分成長もたくさん!

 

高校中退したことを全く後悔していません!

むしろ中退してよかった(笑)
 
僕はこれからも自分の気持ちを最優先に自分の生きる道を決めていきます!