うぃずーむ

うつ病、難病を乗り越えた僕の「これまで」と「これから」

【スポンサーリンク】

【即実践】Amazonアソシエイトに合格するための『5つの方法』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:unamushi:20181201115308j:plain

こんにちは!うなむ(@unamu_19)です!

 

突然ですが、実はこの度・・・・・


Amazonアソシエイトに1発合格してました!!!!

 

ということで、amazonアソシエイトの合格した理由を振り返ってみたいと思います!

 

 

 申請時の状況

 

・はてなブログpro(お試し)、独自ドメイン取得

・ブログ運営期間:8日

・記事数:7つ

・文字数:平均1458字(総数:10204字、min:1092字、Max:1737字) 

・待ち時間:約15時間(9/9の早朝~9/9の昼)

・Amazonプライム会員のアカウントあり

 

プライム会員のアカウントはありますが、申請時のアカウントは全く別の新しいアカウントです。

 

合格に向けて意識したこと

 

写真や記事などの著作権侵害をしていないか

 

 

Amazonアソシエイトの審査どうこうの前に、犯罪行為に当たるので早い段階から気を付けるようにしています。

 

記事の文字数が1000字以上であること

 

紹介されるAmazonさん側からすると、ある程度の分量で紹介してもらいたいのではないでしょうか?

 

とはいっても、『僕は1000字以上を意識して書いたのではなく、申請時に全記事が1000字を超えているか一応確認した』といった感じです。

 

プライバシーポリシーの設置

 

これは、審査を通過する上で必須事項です!

 

お問い合わせフォームの設置

 

これは必須事項ではありませんが、何か問題が起きた時に迅速に対応できるようになります。


つまり、Amazonさん側にとっての安心材料になるのではないでしょうか?

 

記事内容のオリジナリティー

 

必ず、自分の意見を多く入れることで差別化を図るように注意しました。

 

申請時の項目にある「Webサイトの内容と紹介したい商品」の分量

 

これは結果的に意識していた感じです。

あなたがアフィリエイトに申し込む目的が明確ならば、ここはたくさん書けると思います。

 

僕自身、書き方など全く意識せず、ただ思っていることを正直に書きました。

個人的にその方がいいと思います。

 

巷で言われる合格条件に対して

 

プロフィール欄を設ける

 

これは、必要ないと思います!

紹介者の人柄が簡単にわかるかもしれないが、それは「以前のブログの内容や、申請時にある自分のサイトや紹介したい商品の欄」で十分に表現できると思います。

 

 

Goggleアドセンスや他の広告を貼っている場合、はずした状態で申請する

 

これは、たぶん関係ない!

僕の場合、他の広告をつけたまま申請をしました。

 

 

投稿された記事の数は10個以上

 

これも関係ないです!

上記にもありますが、申請時の投稿数は7つでした。

 

 

フリーメールアドレスは避ける

 

これもまた違います!

申請時の僕のメールアドレスはGmail(フリーメールアドレス)でした。

 

 

購入履歴のあるAmazonアカウントを使う(Amazonプライム会員だとなお良し)

 

ここは自信を持って違うと言えます!

僕の状況を思い出してほしいのですが、Amazonプライム会員なのに敢えて新規のアカウントを使って申請をしましたから。

 

 

うなむ的合格条件

 

これらを踏まえ、僕なりに『合格の条件』を考えました!

 

合格条件

・著作権侵害をしていないこと

・プライバシーポリシーの設置していること

・お問い合わせフォームの設置していること

・1000字かどうかはわからないが、ある程度読み応えのある分量

・記事のオリジナリティー

 

最後に

 

合格条件はAmazonさんしかわからないので、僕の考えが必ずしも正しいとは言えません。

ですが、1つの例として十分参考になると思うので是非活用してみてください!

 

これから自分の体験してよかったと思える商品などいくつか紹介できたらなと思います。