うぃずーむ

うつ病、難病を乗り越えた僕の「これまで」と「これから」

【スポンサーリンク】

うつ病が回復するまでの過程

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:unamushi:20190215162824j:plain
こんにちは!うなむ(@unamu_19)です!

 

うつ病の療養って、不安なことだらけですよね。

お金とか将来とか挙げればキリがない!

 

その中でも大きいのが、

「うつ病が治るのかどうか」

 

その不安を解消するには、鬱病がどのような過程を踏んで治るのかを知ることが重要です!

 

その過程が見えることで、その不安もいくらか解消されるのではないでしょうか?

 

そうすることで、安心して今の治療に専念できると思います!

 

 

うつ病が回復するまでの過程は3つ

 

うつ病が回復するまでの過程は、3つあります。

  1. 急性期
  2. 回復期
  3. 再発予防期

 

それでは、1つ1つ見ていきましょう! 

 

急性期

 

気分の落ち込みや不安、不眠などの身体的・精神的症状が最も重くなる時期」のこと。

 

一般的に、鬱病の診断を受けてから適切な薬物治療を開始することで、1~3か月ほどで症状が軽減するそうです!

 

この時期を過ごすポイントは、

  • 治療にうまく自分を乗せること
  • しっかりと休養を取ること

 

回復期

 

調子が良くなったり、また少し落ち込んだりというように、症状が波のように上下しながら症状が徐々に回復していく時期」のこと。

 

人よって異なりますが、3~6か月で約50%、1年で約70~80%の患者が、

  • 「不安やイライラなどの症状が消えた」
  • 「意欲がわいてきた」 

と実感しているそうです!

 

このような一見病気が治ったかのように思える状態を「寛解」と言います。

 

「寛解」すると、症状から解放され、ずいぶん楽になります。

*ここで注意したいのが、寛解とは「完全に回復した状態」ではありません!

 

「寛解」してから本当に回復するまでには、意外と時間がかかります

 

「もう治った」と自分勝手に判断し、無理をしたり服薬を中止すると、症状が悪化し回復するまでに時間が長くかかるかもしれません。

 

うつ病は、一進一退を繰り返しながら徐々に回復していく病気です!

 

この時期を過ごすポイントは、

  • 十分に休養する
  • 生活リズムをゆっくり整える
  • 医師と相談しながら、今後のことを考え始めることができる

 

再発予防期

 

回復への総仕上げをする時期」のこと。

 

初めてうつ病になった人の約半数が、再発してしまうそうです!

 

症状が軽減後2~3か月は、うつ病が再熱しやすい時期です。

再熱とは、いったんよくなっても再び症状が悪化する場合のこと。

(出典元:うつ病って、治るの? うつ病の再燃・再発 | こころの掲示板 うつばんネット | 持田製薬株式会社

 

回復期を過ぎても、しばらくの間は薬物療法を継続し、再発の予防をしながら調子のいい状態を保つ必要があります!

 

一般的には、服薬治療は半年から1年は継続する!

 

この時期を過ごすポイントは、

  • 勝手に薬をやめるのはもちろん厳禁ですが、薬の飲み忘れにも注意
  • 再発の予防のためにも、鬱病になったときの状況を振り返っておく

 

最後に

 

以上、「うつ病が回復するまでの過程」について紹介しました。

 

それぞれの時期によって、注意すべきことが異なるのでぜひ参考に療養してもらいたいです!