うぃずーむ

うつ病、難病を乗り越えた僕の「これまで」と「これから」

【スポンサーリンク】

うつ病は早期発見、早期治療が必要!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:unamushi:20190215163334j:plain
こんにちは!うなむ(@unamu_19)です!

 

生涯に1度はうつ病になる人は、

10~15人に1人」もいるんです!

 

うつ病の状態」から「完全に元の状態」に戻るまでには、長い時間を必要とします。

 

仮に治っても、再発するリスクがあります!

 

実は、初めてうつ病になった人の約半数は、再発してしまうそうです!

 

そうならないためにも、「うつ病の早期発見・早期治療」が必要です。

 

 

うつ病はどのように進行していくのか?

 

うつ病がそのように進行していくのかというと、大きく4つに分けられます。

  1. 気分の落ち込み、興味や喜びの喪失
  2. 焦り、不安
  3. 意欲の低下
  4. 様々な身体的症状

 

中でも、1と2は最も多く見られる症状です。

 

4を具体的に挙げると、

  • 体がだるくなる
  • 疲れが取れない
  • 食欲がない
  • 頭が重い
  • よく眠れない

 

うつ病は、大きく分けてこの4つに分類することができます。

 

大切なことは、

うつ病の兆候を見逃さない!

 

この1~4の症状が、時間の経過によって軽くなるようであれば問題はありません!

 

しかし、「長く続いている」「何度も繰り返される」ようであれば注意が必要です!

 

そのような場合は、「うつ病を疑い、早めに専門医に相談」しましょう!

 

うつ病は早期発見・早期治療が必要!

 

うつ病を早期治療するためには、早期発見が必要不可欠です。

 

早期発見は、以下の3つを意識することが大切だと思います!

  • 早めに自分の異変に気づく
  • 無理して頑張らない
  • 周囲の人の協力

 

早めに自分の異変に気づこう!

 

自分自身で体の以上に気づくことは大切です。

 

「うつ病の進行の仕方」 で紹介した4つの症状が、早期発見のポイントとなります!

  1. 気分の落ち込み、興味や喜びの喪失
  2. 焦り、不安
  3. 意欲の低下
  4. 様々な身体的症状

 

1のような「気分の落ち込み」や「抑うつ感」がいつまで続いているかが重要です。

 

それが「短期的なのか長期的なのか」、「断続的なのか持続的なのか」。

 

そしてこれに加え、やる気の喪失も重要な判断材料になります!

 

4のような「身体的症状」も判断材料です!

 

体がだるい」「食欲がない」といった、ごく普通な体の不調から始まるケースもあります。

 

病院に行っても体の不調が解決しないときは、うつ病を疑った方がいいかもしれません!

 

無理して頑張ってはいけない

 

うつ病は、「放置すればするほど症状が悪化して治りにくくなる病気」です。

 

症状が軽いうちは無理ができてしまう場合が多いので、注意が必要です!

 

周囲の人の協力も大切

 

自らの異常に自分で気づくことは大切です!

 

しかし、自分がうつ病にかかっていることを自覚するのは難しいですよね(笑)

 

症状が軽いうちは、自分で気づかない場合も少なくはないそうです!

 

自分では気づかなくても、普段よく接する人なら気づいてくれるかもしれません。

 

「こいつ、なんかいつもと違うな」ってね!

 

少しでもおかしいと思ったら、できるだけ早く専門機関の受診を進めるようにしてください!

 

最後に

 

以上、「うつ病は早期発見・早期治療が必要だ」という話でした。

 

一旦うつ病になってしまうと、完全に治すまでに長い時間を必要とします。

 

それに再発率の高さも恐ろしいです。

 

ぜひこの記事を、早期発見・早期治療に役立ててほしいです!