うぃずーむ

うつ病、難病を乗り越えた僕の「これまで」と「これから」

【スポンサーリンク】

うつ病の症状は十人十色。環境によって症状は全然違う!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:unamushi:20181228151054j:plain

こんにちは!うなむ(@unamu_19)です!

 

僕はうつ病と診断された時、本当に自分がうつ病なのかとても疑問に思いました。

 

今回でうつ病と診断されるのは2回目なんですが、1回目と比べて症状が全く違うんです。

www.unamushi.com

 

このことに強く疑問を抱いたので、うつ病について少し勉強をしました!

 

そこで「うつ病にはいろんな症状があり、環境によって大きく異なる」とわかりました。

 

 

うつ病の症状は人それぞれ違う

 

うつ病の症状として最も多く現れるのが、「睡眠障害」です。

 

これは多くの人が当てはまるかもしれません。

 

でもね、これ以外にも症状はたくさんあるんです。

 

  • 興味、喜びの喪失
  • 記憶力の低下
  • 自殺念慮
  • 性的欲求の低下

 

挙げるとキリがありません!

 

ここで僕の1回目と2回目での症状の違いを紹介したいと思います。

 

1回目のうつ病の症状

 

別で詳しく書いているのでここでは簡単に!

www.unamushi.com

 

  • ベットから動けない
  • 外に出れない
  • 食事がまとも摂れない
  • 眠れない
  • 1日中希死念慮

 

症状としては大体こんな感じですね。

 

この時の状況は

  • 上京して1人暮らし
  • 浪人生
  • 周りに知り合いがほぼいない
  • 受験直前期

 

次は2回目の症状を見ていきましょう!

 

2回目のうつ病の症状

 

  • 興味、関心がなくなる
  • 人と会いたくなくなる
  • 何をするにもめんどくさい

 

症状はこんな感じです。

 

今の状況は

  • 実家暮らし
  • 難病、うつ病の療養中

 

1回目と2回目では、症状が結構違いますよね!

 

症状は環境に大きく左右される

 

よく「うつ病は、環境を変えると治る」なんて耳にしますが、確かに一理あると思いますね。

 

僕の1回目と2回目を比較するとわかるように、

環境によって、その症状は大きく異なります。

 

明らかに1回目の方が症状が悪い!

 

自分にかかる負担が大きければ大きいほど、うつ病の症状は深刻化していきます!

 

うつ病を型にはめ過ぎず、受け入れよう!

 

うつ病の症状は十人十色!

環境によって症状は大きく異なります!

 

だからこそ、うつ病を型にはめて判断するのはやめましょう!

 

外に出れてるからうつ病じゃないよ〜

前と比べて元気だからうつ病じゃないよ〜

 

そんなものは何のアテにもなりません!

実際に僕がそうでしたから!

 

頼むから、うつ病を型にはめて患者さんに無責任な言葉を言わないであげて下さい!

 

最後に

 

以上、「うつ病の症状と環境」についてお話しました!

 

自分自身がうつ病であることをしっかりと受け入れることは大切です。

 

しかし、周りの人がそれを受け入れることも同じくらい大切なんです!

 

周りのサポートあってこその治療!

 

僕は、1人でも多くの方が前向きに療養できることを願っています!