うぃずーむ

うつ病、難病を乗り越えた僕の「これまで」と「これから」

【スポンサーリンク】

【まとめ】キックボクシングに必要な道具

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:unamushi:20181218234922j:image

こんにちは!うなむ(@unamu_19)です!

 

ローラさん道端アンジェリカさんなどがやられていることで、キックボクシングは男性だけでなく女性にも大変人気です!

 

僕は最近、キックボクシングを始めました。

 

始めた理由は4つ。

  1. 発汗トレーニングの一環
  2. うつ病の療養の一環
  3. 筋肉をつけるため
  4. 興味があったから

 

まだ始めて2週間、4回しか練習していません。

 

そんなド素人の僕ですが、キックボクシングに必要な道具をいくつか紹介したいと思います!

 

 

必要な道具

 

ジムで貸してくれるものもあるので、全部自分でそろえる必要はないと思います。

 

初心者や本気でキックボクシングをするわけではない人には必要ないものもあります!

 

パンチグローブ

 

これはジムで貸し出し可能です。

 

サイズは、小さいもので6オンス。

大きいもので16オンス。

 

小さいサイズは、パンチを打った感覚が伝わりやすいですが、手首などを痛めやすい

 

大きいサイズは、パンチを打った感覚が伝わりにくいですが、手首などを痛めにくい

 

ここだけの話、ジムにあるグローブはだいたい臭い!

 

ちなみに僕は、ジムで貰えるみたいです。

 

レッグガード

 

レックガードとは、キックをした際にすねを守ってくれるものです。

 

対人でキックを練習するときに、素足でけるのが痛い人におすすめです!

 

ちなみに、ジムで使っている人を見たことがありません。

 

これもジムで貸し出し可能です。

 

バンテージ

 

素手でグローブをすると、汗で臭くなることがあります。

 

臭い問題だけではありません!

 

バンテージをすることで手の保護になるので、パンチをする時に手首や拳を痛めないようにする効果もあります。

 

バンテージが面倒な人は、拳サポーターがおすすめです!

 

軍手で済ます人も結構多いです!

 

動きやすい服装

 

練習生を見ていると、だいたい短パンとTシャツで練習しています。

 

足を高く上げたり、パンチを打つので動きやすい服装がいいと思います。

 

汗も結構書くと思うので、すぐ乾く運動着がオススメです!

 

サポーターやテーピング

 

痛めている所があれば使った方がいいかもしれません。

 

練習は激しいので、何もせずに練習すると危険かもしれません。

 

飲み物

 

練習中の水分補給は必須です!

 

ジムのトレーナーはスポーツドリンクを推奨しています。

 

タオル

 

無汗症の僕でも、かなり汗をかくので忘れないように準備してください!

 

速乾タオルがおすすめです!

 

デオドラントアイテム

 

シャワー完備のジムでは必要ないと思います。

 

汗のべたつきや臭いが気になるかもしれないので、あると助かるかもしれません!

 

最後に

 

以上、キックボクシングに必要な道具を簡単に紹介しました!

 

他にも必要なものはあるかもしれませんが、これだけあれば大抵は困ることはないはず。

 

キックボクシングの情報はこれからも発信するので興味があれば是非!