うぃずーむ

うつ病、難病を乗り越えた僕の「これまで」と「これから」

【スポンサーリンク】

【自信】少し胸を張って歩くだけで、前向きな気分になれる!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:unamushi:20190226172614j:plain

こんにちは!うなむ‪(@unamu_19)です!

 

以前こんなツイートをしました。

 

これは実体験であり、今も実践しています!

 

 

以前の僕が、歩くときに意識していたこと

 

以前の僕は、周りの目を気にするあまり「目が悪いのにメガネもせず、下を向いて歩く」という馬鹿なことを2年間やってきました。

 

僕は両目の視力が「0.1」しかないので、メガネをしなければ周りの人を見る必要がなくなる。

 

そう考え、日常生活から視力を奪ってました。

 

これで確かに、自分が見たくないものを見る必要はなくなりました。

 

しかし、「見たいもの」や「見なければならなもの」まで見えなくなってしまったわけです!

 

これは冷静に考えて危険ですし、

日常生活でも困る場面がたくさんありました。

 

周りの目が気になっていた僕が、少し胸を張って歩いた結果

 

そんな僕が、少し胸を張って歩いてみた結果どうなったのかというと、

 

自分でも驚くほど前向きな気分になった!

 

これは冗談ではなく、本当に実感できたことなので、疑っている人は是非試してみて下さい!

 

「今まで自分が見ていた景色はこんなにも狭かったのか」と素直に驚きました。

 

僕が思う「胸を張って歩くと前向きな気分になれる」理由

 

では、なぜ胸を張って歩くだけで前向きな気分になれるのでしょうか?

 

僕が思う、胸を張って歩くだけで前向きな気分になれる理由は、「自分の視野が広がるから

 

人がマイナスなことを考えている時は、 「視野が狭まっている」時が多いです。

 

背中を丸めて下を向いて歩くと、見える視野が狭まった状態になります。

 

そんなうつむきがちな姿勢で「視野を広げろ」と言うのは無理な話です。

 

そんな時オススメなのが、「胸を張って歩く

 

胸を張って歩くと、見える視野が広がります。

視野が広がると、前向きな気分になれます。

 

道を歩く人を観察してみると、自信満々に歩いている人をたまに見かけます。

 

彼らに共通しているのが、

みんな胸を張って歩いている」んです。

 

改めてわかる通り、「胸を張って歩くと、いい影響がある」ことがわかりますね。

 

「これだけでは前向きな気分になれない」と言う人もいるかもしれません。

 

しかし、少なくとも「胸を張って歩いたことで気分が落ちることはない」でしょう。

 

姿勢を意識せず背中を丸めて歩くくらいなら、少しでも胸を張って歩いてみませんか?

 

きっと前向きな気分になれると思います!

 

最後に

 

以上、胸を張って歩くと前向きな気分になれるよというお話でした。

 

「周りの目を気にしてしまう」あなた!

少しでも胸を張って歩くと、世界が変わるよ!